2017年11月16日木曜日

【速報】美しい国 ジンバブエにてクーデター!



昨日深夜、無事帰国いたしました。

ブログ上では時系列に沿って記事を執筆しており、次は【11/3】の南アフリカだったのですが

なんと帰国したタイミングで、滞在していたジンバブエにてクーデターが起こりましたため、急遽そちらを一旦執筆させていただきます。



今回の旅では、ただサーフィンをするだけでなく、ただ各地を回るだけでなく、

時事問題や社会問題にも触れながら旅しておりました。





ジンバブエではハイパーインフレのため経済が崩壊しており、現地の人にも聞き取りをしてきたばかり。

その矢先、軍によるクーデターが起こり、治安や情勢が不安定になっております。



ジンバブエで知り合った旅人やローカルのことが気がかりです。








●そもそもジンバブエとは


南部アフリカの内陸に位置する小さな国

世界三大瀑布のひとつに数えられる、ユネスコ公認世界遺産『ヴィクトリア・フォールズ』を擁する

多くの民族が共存し、多様性に富んだ動物が生息する美しい自然が魅力







●ジンバブエの歴史



太古の時代は、ヴィクトリア・フォールズであるザンベジ川のやリンボボ川などの水運を利用し、

王国を築き、かなり大規模な交易を行なっていたようである。


その後、他のアフリカ諸国同様、イギリス領南アフリカ会社に統治され、イギリス植民地となった。



第二次世界大戦後、世界各地で脱植民地化の流れが巻き起こると、ジンバブエ(当時の国名はローデシア共和国)でも例外なく独立運動が本格化。

加えて、白人を中心とするローデシア共和国と黒人国家とで独立時の覇権を争うゲリラ戦まで勃発し、黒人の民族解放は困難を極めた。


それでもイギリスが調停に割って入り、1980年 黒人国家『ジンバブエ共和国』が誕生したのだった。

たった37年前の話。

そんな最近まで奴隷とか紛争とか国家樹立とか

そういうことの為に戦う人がいたなんて、平和な日本にいては気づきません。

(それでも現在でも紛争地域は多数)




さて、その1980年独立当時の立役者にしてヒーローが、初代首相ロバート・ムガベ氏。

(現在もまだ大統領として君臨)

当時は大統領と政治執行機関である議院内閣も存在し、各権は分立していました。

ところが1987年、ムガベ氏は大統領となり内閣も首相も廃止し、権利を集約します。




当初は親欧米路線で経済成長も著しく、白人との融和政策を推し進めていましたが、独裁色を強め始めてしまいます。


隣国コンゴの内紛に乗じてダイアモンド鉱山確保に走ったり

白人農場を強制収用し、黒人のものに再分配するなどし、国際批判を招きます。



そして欧米諸国からの経済支援はストップ

白人の農業技術も失われ、経済、医療、教育、全てが悪化

コレラの発症まで招き、失業者は街に溢れ

結果として国家は転覆


200000000%という、史上最悪のハイパーインフラを招きます。

ところが大統領反対派に対し弾圧まで始め、その独裁政治は今でも続いています。

(世界の国家主席中最高齢92歳)



●クーデターに至った経緯



ムガベ大統領は、国家を混乱に陥れたことは顧みず、大統領選の度に不正を働き再選を続けます。

そして自身はダイアモンド鉱山や財団経営で得た利益を元に、モザンビークなどにある別荘暮らしを楽しんでいるそうです。


前回の大統領選でも支持率で先を越されていた野党第一候補を弾圧して再選を果たし

今回また大統領選を前に、候補者の一人であった副大統領を解任

事実上の粛清に出たとみられ、自身の奥さんに大統領の座を譲ろうとしました。

それがつい3日前の出来事


その行動にしびれを切らし、民意を汲んで反発した軍が、大統領を軟禁したのが今回のクーデターです。




現在首都ハラレでは軍部が主要道路を封鎖

状況は不安定化し、元首国イギリスでは万事に備えるよう駐在員に勧告

日本の外務省もジンバブエへの不要・不急の入国を控える注意喚起を発令しています。





●現地のハイパーインフレ


さて以上が私が現地で集めた情報と、現在起こっている実情な訳ですが


そもそもこのハイパーインフレ

これスゴイことになっていたのです。

中央銀行は是正に是正を重ね、貨幣の刷新を続けた結果、以下のような紙幣が登場しました。





!!!


$ 100,000,000,000,000

もはや0ばかりが並び、ネタのような

オモチャのような紙幣ですね。



よくわかりません。


日本語にすると百兆ジンバブエ・ドル

あまり口にすることのない数字に、舌が驚いて回りません 笑



この高額紙幣で買えたのは、スーパーの食パン1袋だったそうです。

USドルにしてたったの 1ドル  (¥115)


いかにインフレが酷かったかがわかるエピソードです。


そしてついに政府はジンバブエ・ドルを廃止


現在ジンバブエの貨幣は、

・USドル

・南アフリカ・ランド

・EURO

・中国元

・ボツワナ・ブラ

以上ならなんでもアリというメチャクチャな国になっています。

貨幣をミックスして支払う事も可能でした。



●現地の世相


ハイパーインフレを経験し、もはや貨幣や経済への国民の信用はゼロ

そんな矢先に大統領選を控え、国民は何か起こると予測していました。

その結果、銀行もアテにされず、預金残高なんて残しても仕方のない状況に。

安定感の高いドル紙幣を手に入れようと、国民がATMや銀行に殺到していました。







当初は自分もなんのことかわからず、眺めていましたが、今思えば僕が滞在していた時から事態は動いていたことになります。




みな異口同音で言うのは、大統領の独裁政治への不満

失業率の高さへの不満

医療へ不満

ハイパーインフレへの失望



なんだかつい先日まで話していたことだっただけに

知り合ったみんなの顔が浮かび、心配になります。










●美しい国ジンバブエ


ヴィクトリア・フォールズ

遺跡

像やマントヒヒが躍動する大自然

優しく勤勉な国民

美しいものがたくさん溢れるジンバブエ

どうか平和に無血解決を!











そして日本はジンバブエから何か学べることがあるのかも

独裁政治の行く末は目に見えています。

国民は政治への関心を高め、常に政治を監視する義務があります。

愛する日本をより良い国にするために



我々も地球の反対の出来事と見過ごすのではなく

日本の将来に関心を持ち、各々自国のあるべき姿を考えながら、平和を願いたいものです。

















ハッピーな嫁がノーテンキに書いているブログがこちら

違った目線と独特の感性でオモシロいです



にほんブログ村 世界一周 ランキング参戦中!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

にほんブログ村


にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへにほんブログ村


2017年11月13日月曜日

トラブルに次ぐトラブル! エジプト弾丸滞在!




11/2 THU

早朝、飛行機が着陸態勢に入った揺れで目を覚ます

広大な砂漠から朝日が覗いたところだった

この太陽のように、この地から人類の文明が輝きだしたのだろうか






着陸すると、なぜか機内では拍手が湧く

キューバでも拍手があった

愛国心の現れか




日付が変わればすぐに南アフリカへのフライトがあるので、荷物は航空会社に預けたまま

トランジット(乗り換え)として手ブラでエジプト観光するという都合の良いスケジュールを組んだ



空港には水不足を訴える張り紙

世界共通で環境問題は表面化している

でもその認知度・そして問題に対する取り組みは、国によってまちまちだけど

途上国ほど、環境問題に無関心な人が多い気がする


環境問題に取り組むことは、自分の生活に余裕がないと到底できない

将来の地球より、明日の自分の食事の方が大切なのだ








昨夜のカサブランカから先、アフリカ大陸内のフライトは、すべてANAマイレージの特典航空券

昨年の世界一周やビジネスの経費で発生したマイルをこの旅に注ぎ込む



アフリカのフライトは長距離となることが多く、本来はひとつひとつが高額

でもマイレージを使い、最善のプランを練った結果、このアフリカ旅が実現できた




話は逸れたが、つまりここから先は、全てANAが属するスターアライアンスの加盟航空会社となる

スターアライアンスといえば世界最高峰の加盟基準を求めるため、各国の優れた航空会社や国営企業

いわゆる『フラッグ・キャリア』ばかり

今回、エジプトのカイロを挟むフライトも、例に漏れずエジプト国営の『エジプト・エアライン』

そのためかなり待遇が良いらしい





その待遇の良さが、いきなり発揮される

カイロでの乗り継ぎ中、僕はいつも通り勝手にエジプト入国して、

またフライトまでに空港に戻ろうと思っていた。


カイロ空港到着後、何か情報を得ようとカウンターに話に行くと、なんと休憩用のホテルを使って良いとのこと

価格は無料

しかもホテルは空港直結の高級ホテル『MERIDIAN

加えて3食のビッフェ付き



スバラシイ




でもそんな経験はこれまで無かったので、思わず耳を疑い何度も確認する

それでもどうやら確からしいので、お言葉に甘えることにした



しばらく待たされたのち、スタッフに連れられて、謎の裏口から突然 空港のホールに出る

入国手続きもしないまま、一般出入り口まで来てしまう



あれ?
僕らはまだビザも購入してないし、入国審査もしてないよ??

入国査証を受け、パスポートに入国スタンプをもらわなければ、出国手続きは行われない


いわゆる不法入国になるのではないか

ちゃんと出国できるのか

そんなリスクを冒してまで観光はしたくないので

不安になり、何度もスタッフに確認する




でも彼は、どこからともなく現れた友人と二人でスミからスミまで案内してくれて

大丈夫だ、どこへでも行け!と繰り返す




え。。。ホントにホント??

不安は払拭されないま

そして彼らはパスポートを持ち去る



いやいや

仮にこれが不法入国であろうが、なかろうが、パスポートがないんじゃ、何かあったら僕らは拘留

もしくは強制退国

シャレにならないよ

と追いかけながら説明を求める



でも彼らは笑いながら、平気だ!カウンターは預かる義務があるんだ!と答えてくる

んー


国営企業のエリートであろうオッサンが言うのだから間違いないと信じるコトにし

パスポートを預けた証の心細い紙切れ1枚(しかも字がグチャグチャで読めない)を渡され

事実上の丸腰で空港を出る





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【追記情報】

後で入念に確認すると、このケースでの入国は特例
滞在できないようにあえてパスポートを預かる
目的はトランジット以外させないため
ちなみにエジプトのアライバル・ビザの支払いUS$25は免除
MERIDIANホテルか空港ホテルにでの滞在を条件に案内してもらえる
短時間の外出は可能


対象は
エジプト・エアライン利用
4時間以上、24時間以内のトランジット
乗り換えターミナル内にあるエジプト・エアラインのカウンターにて申請した人
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ホテルでは話が通っているようで、少し待たされたものの

キレイなキレイな広い広いダブルルームへと通される


こんなこともあるのかー

と家内と二人で目を丸くする
(僕の目はかわいそうなくらい小さい




ビュッフェをひとしきり堪能してひと息





街へ向かう



エジプトの情報はあまり持っていない




持っている情報といえば

いたるところにピラミッド(世界遺産)
ナイル川が文明の源
×2013 クロアチア人が誘拐殺害
×過去に外国人観光客向けにテロ頻発
×2015 ロシア航空機が爆弾テロで墜落乗客乗員全員死亡
×先週イスラム過激派と警官隊の銃撃戦 → 50人以上死亡


ことくらい



Oh My God ...


楽しい滞在になりそうだ





でもいざ来てしまえば何とかなるもの(と思い込む)

日常的に犯罪が起こる国なんてそうそうない
(南アフリカを除いて 笑)



アジャアジャしてても仕方ないので、人に話しかけ、情報を集めて街へ向かう

地球規模で行き当たりバッタリのウォークラリーに取り組んでいるようなものでたまらない
(でもそのぶん事件は多発する)



空港出口では、タクシーの客引きがしつこい

挨拶も値段も交渉も、まったくデリカシーがない

やりたい放題に絡んでは去る



なんだか気が重くなり、四つん這いに倒れこみそうだった

そう

スフィンクスのように





日本にいる間に地球の歩き方を立ち読みしたレベルでは、


『タクシーは高いからバスで行動すべし』

とあった




どれどれ

バスは、空港からカイロ市内(約15km)まで

…£25

ズバリ¥1430

おーそりゃ確かに安い!

世界的な観光地なのにありえない!



で、高いと噂のタクシーは、空港からカイロ市内(約15km)まで

…£2050

ズバリ¥140350

なに!?それは高い!!



ってなるかー!

それでもだいぶ安いわ!





でもせっかくなのでローカルと一緒にバスを選んでみる


カイロの街は、世界的な観光地のわりにはインフラが悪く


空港ターミナルから巡回シャトルに乗る
空港内バスターミナル到着
先着でマイクロバス乗り込み
席が埋まり次第 街へ出発
途中下車 & 乗車 のタイミングは自由


という雑なシステム

特に案内がされているわけでもない



そそくさと乗り込み、£5 (¥35) を支払う

隣に座ったオジサンが周りの人の分を自主的に集金し、チケットを座席まで届けてくれた

ムスリムはしつこくて距離感が近いけど、基本的には良い人が多い

ありがとう、オジサン




礼を伝えると、オジサンはバスが出発して最初の信号で下車して行った
£5払ってバス乗る意味あった!?でもボッタクリではなさそうだぞ)




バスは渋滞をすり抜けながら、時に車を擦りながら笑、ギリギリ(アウト)の状態で市内へ到着

目的地近くの信号で止まったタイミングで途中下車

すると一気に排ガスの臭い、けたたましいクラクションの嵐、止まろうとしない暴走車に襲われる

東南アジアや中国のバイクの大群の方が、安全に感じる








信号などもはや無意味

めまいがしそうなほどカオスな道を、ローカルよろしく、スルスルと交わしながら

ダウンタウンの一角をなす旧市街 イスラム教の街へ


なんでもこの街に世界遺産があるとか

路地はまるでインドにでも来たかのような混沌ぶり

(ひと言でいうと汚い)







今にも崩れそうな建物に、仙人のような人まで住んでいる




しばらくカメラは隠していたが、みんな自分を撮ってくれとせがむ






街は衛生環境なんて無視

炎天下で魚は売られ

路上で鶏肉はサバかれる











家内はバスでうたた寝し、寝起きでカオスな世界に引きづり出されて、パニックに陥っている

僕でも夜は歩きたくないような通りだが、それでも子供は活気に溢れ

女子学生は下校時ハシャぎ、スイーツを楽しそうにほおばる↓






所変われど人間は世界共通なのだと思う瞬間




街の美しさ
インフラの充実

幸せを測る尺度は多々あり、つい我々は比べたがるけど、平和とは意外と足元にあるものだといつも気づかされる




30分ほど路地を歩くと、明らかに古い塔が突然視界に飛び込む




事前情報なんてなくとも

あれが世界遺産だと一目でわかる

建物からオーラ出ている

すごい





アズハルという1000年以上も続くイスラム最古のにして最高の教育機関だ




旅先では世界のどこへ行ってもサッカーが人気

このモスク前でも例外なく真剣勝負が繰り広げられている




そのなかのひとりが僕を手招く

神殿に入れと呼ぶ






神聖な宗教の施設への招きは常に戸惑う

自分に確固たる宗教観がないからかもしれない

世界のどこへ行っても、みな疑うことなく各々の絶対神を信じている一方

中途半端な宗教観しか持ち合わせてない自分は、彼らに失礼かもしれないと思ってしまう


まして仏教以外の(つまり他宗教の)神聖な場所では一層慎重になる

冒涜していないか

失礼なことはしていないか


戸惑いながも靴を脱ぎ、ドアをくぐる




すると



一面の白い世界が飛び込んで来た

壁一枚を経て、明らかに世界が変わる

混沌の中に、ひときわ静寂に包まれた世界





外の喧騒をよそに、神々しいまでに静かで時間の動いていない場所がそこにあった

なぜかはわからないが、不思議と高揚する










誰かの声にふと我に帰る

内部を案内してくれるそうだ




施錠してある通行禁止エリアまで拝見させてもらい、塔に登ってモスクを眺める

1000年以上の歴史を垣間見る

(チップをしつこく請求されながら)




神殿でも撮影をせがまれる

みんな写真大好きだね!

少し人気者になった気がして調子にのる(アホ)






そして真の目的地ピラミッドを目指す

神殿近くのカオスな街から地下鉄の駅を探し出す

地下鉄はひとり£2¥14

でも案内板や路線図は、アラビア文字でまったくわからない 笑

時計すら読めない






日本も観光で外貨流入させたければ、英語表記をもっと増やすべし

日本語表記のところばかりですよ!!







車両も駅も人でごった返しながらギザ駅へ

エジプトの人の体臭はかなりキツく、なかなかワンダフルな移動だ






駅を出て、相変わらず群がるタクシーの客引きを交わしながら雑踏へ

大通りを目指していると、同じ方向へ歩いている肩を組んだ少年ふたりと目が合う



タクシーは高いね

あぁ、高い
(ホントは思ってないけど)

僕らもピラミッド行くから、一緒にバスか何かでどう?

んー悪くない。考えてみる



まー少年なら一緒でも良い

4人で歩いていると、ボロボロの車からオジイさんが出てきた

ピラミッド行かないかー?



あしらったものの、少年はコレに乗ろうと言い出す

聞けばひとり£3¥21

破格の値段だ

タクシーより安く、このメンバーで誘拐ということもなさそうなので乗ることにした



車は自分が乗った史上、最高にビンテージにしてアンティーク

車同士ぶつかりそうになりながら

途中エンジンルームから煙を吹きながら

そして僕を招いた少年ひとりが謎に途中下車をしながら

いろいろな疑いを乗せてピラミッドへ向かう

スリリングな道中だ





ずーっと僕らにピラミッドの説明をしてくれているオジイさんの声のトーンが一層上がる

すると車窓からピラミッドが見えてきた


すごい、本物だ!

これにはテンションが上がる

そして対向車線にラクダが現れ始める




おーすげー

これぞエジプトだ!!




その頃からドライバーがのオジイさんが、巧妙にラクダツアーのプレゼンを繰り返し始めるのをよそに

ピラミッドに魅入る



そして車はピラミッドゲートに向かわず、小道へ入り、よくわからない建物の前に到着

ここがゲートだから入れと言われる



僕は初めての国でも居場所を判別できるくらいの土地勘の自信があるし

なんなら携帯がオフラインでも、GPSで居場所を特定できるアプリを持っている
(最初からこれで済む 笑)


どう考えてもここはゲートじゃない

ひとり残っている助手席の少年に真相を聞こうとした瞬間

建物の中から何人か強面の男が出てくる


おーヤバい気配だ


とりあえずドライバーのオジイさんからの請求が激しいので、タクシー代金£6のみ手渡すと、

それまでのんびりだったドライバーは、あとは知らないとばかりに急発進



おいおい


男たちは、ラクダだ、ここがゲートだ、お金だ、口々に何か求めながら近寄ってくる


信用するはずもなく、それに構わず、丁重に断りながら足早に去る(逃げる)


ラクダや馬を小走りで縫いながらゲートへ向かうと

ピラミッドゲート発見!

正面にケンタッキー!

カーネルサンダースおじさんの家に逃げ込み、安心ついでにポテトとドリンクをいただく


Fへ上がると、ここでも充分に見応えのある佇まいだ



これが人類の文明の象徴、ピラミッド!!

迫力に圧倒されつつ魅入る





ひと段落してゲートへ向かうと、断られる

10分前にゲートは閉めた』

え!?

まだ時間になってないよ?

日本から来たのに!

交渉の余地もなくダメだの一点張り



ところが本物を前に諦めが付かない

ピラミッドへ少しでも近づこうとあたりを散策する



ところがピラミッドは、実は高い塀に囲まれており、外からではよく見えない
(僕も現場に来るまで知らなかった)

スフィンクスなんて予想よりはるかに小さく、塀どころか木に隠れる



猫は呑気だ

これがスフィンクスなら良かったのに




困ったなーと思っていると、塀の脇に住む住人がウチの屋根から眺めろよ!と誘ってくる

そして予想通りお金を請求してくる

なんでもかんでもお金だ

なんでもカイロには、『無償の親切などない』
という言葉まであるとか

太古より観光客が訪ね
200年以上もヨーロッパはじめ世界各地から考古学者が通う土地

外貨の荒稼ぎすらもはや歴史なのか

生まれつきこの環境で育てば、外国人はお金に見えているのだろう

オジイさんから子供まで

みんなあらゆる方法でお金を取りにかかる






それでも良いポイントを探し

念願のピラミッドに沈む夕陽を眺める







とても5000年以上前に人が作ったものとは思えないし



その歴史の長さすら、僕には把握できない

ここから人類の文明が始まったのだ






悠久の時を刻むピラミッド

人類史に残る傑作なのは間違いない






居心地の良い高級ホテルに帰ることにする
(自腹ではない)



家内の疲労(あと電車に蔓延する体臭への嫌悪)に配慮し、空港までの帰りはタクシーと決めていたが

渋滞があまりにひどく、到着時間が見込めないので、時間の読める地下鉄でホテルまで帰ることに

家内の英断には成長を感じる



ピラミッドから最寄りのギザ駅までタクシーを拾う

交渉に交渉を重ね、ウサン臭いドライバーばかりの中でも、みんなが勧めるちょっとだけウサン臭さの軽いヤツを選んで出発


このドライバーがとんでもない



運転は雑

車列に躊躇なく突っ込み割り込む
(ほぼ事故)

グルグル回って、なかなか目的地のギザ駅へ向かわない


先述した通り、僕の脳には全自動識別GPSが搭載されており(ただのアプリ)、僕らの居場所は一目瞭然

いくら走ってもピラミッドが視界に入り続ける




もちろん早い段階からクレームを続けるが、聞く耳を持たない




おいお前!早く駅に向かえ!こっちは時間がないんだ!!

こっちは駅じゃないだろ!!

とりあえずお腹すいたよぅ!

ゴハンと私、どっちにする!?


・・・・


返事すらしない



駅にいくらか近い場所で渋滞に捕まったタイミングを見計らい、逃げ道を確認して車から飛び降りる

車道に注意しながら最低限のチップだけ投げつけ、追われないように階段を駆け上がる


なんてヤツだ!!



駅に入ると帰宅ラッシュは過ぎたのか、幾分混雑は解消されている

地下鉄でダウンタウンを通り過ぎ、空港最寄りの駅からタクシー

(案内板では地下鉄は空港まで通っていることになっているが、実際は運行していない)

このタクシードライバーは健全に仕事をしてくれて、とても感謝
(普通の仕事をしたまでだけど 笑)



急いでシャワーを浴び、急いでビュッフェを楽しみ、急いで空港へ向かう

不安をよそに、カウンターにて預けてあったパスポートをちゃんと確保し

もう来ることはないだろうエジプトの通貨をユーロへ換金




エジプト入国時に念のため1万円の換金をしたが、食事は無料ビュッフェだし、交通費は格安だし

エジプト・ポンドはかなり手元に残っている


こうしてみるとなかなか雰囲気のある紙幣ばかり

さすがだ



その札束をドサっと空港両替所に渡す




すると€40¥5200程度)になるよーとのスタッフの返事


!?


待て!

少なく見積もっても¥8000

つまり€60程度はあったはず!

€40って!?



交渉しようにも、札束はカウンターの向こうにあり、渡した当初の残高なんていくらでもごまかせる



やっちまった。。。


残高を相互確認しながら渡すべきだった

まさか空港の正規両替所でボッタクリされるとは





エジプト

濃厚な国だったぜ。。。。


みなさんいろいろ要注意!





これがたった1日の出来事だったとはにわかに信じがたい

楽しかったような、ストレス溜まったような

複雑な思いを乗せ、飛行機は離陸

いざ南アフリカへ!



世界一の犯罪都市

世界最恐にして最凶の街


悪名 名高いヨハネスブルグへ僕らを乗せて飛ぶ






ハッピーな嫁がノーテンキに書いているブログがこちら

違った目線と独特の感性でオモシロいです



にほんブログ村 世界一周 ランキング参戦中!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

にほんブログ村


にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへにほんブログ村